記事一覧

、「空気感ある照明」「自然石装飾」が人気

2016.03.12

ファイル 112-1.jpgファイル 112-2.jpgファイル 112-3.jpgファイル 112-4.jpgファイル 112-5.jpg

~リフォーム産業新聞より引用~

今年で21年目を迎える、世界規模のインテリアとデザイン関連の見本市「MAISON&OBJETPARIS(メゾン エ オブジェ・パリ)2016」が、フランス・パリ郊外のヴィルパント国際展示場で1月22日~26日の5日間開催された。最新のインテリアトレンドを紹介する。

最新インテリア、59カ国2978ブースが出展

 「メゾン エ オブジェ・パリ2016」は、主催者の厳しい審査を通過したインテリア関係の最新デザインの商品・作品が出展され、新たなコラボレーションを求めるメーカーやデザイナーが世界中から訪れる。来場者は5日間合計で7万6417人。出展者は59カ国から2978ブースに上った。

羽・針金・紙で作ったプリュマヴェラ

 フランスの個人クリエーターによる作品が多く出展され、中でも目を引いたのが羽(Plume)と加工された針金で、ふんわりとした空気感のある天井照明を提案するPlumavera(プリュマヴェラ)だ。「雄鶏、ガチョウなど本物の鳥の羽を使用し、針金で動きを出しています」と女性クリエーター・ベアトリスさんは話す。

 木、石、紙など自然素材を多用したクリストフ・ダビ氏の天井照明からも空気感が感じられた。木製のモービルに吊るされた紙製のランプシェードは空気の流れによって漂う姿が美しく、照明の質感は日本の和室にもマッチするような印象を受けた。

 このような「空気感」を演出するには熱を多く発しないLED電球の存在は欠かせない。またレトロな白熱灯を再現したモデルが多く見られた。

自然石を使った用途の広い仕上げ材

 STONE LEAF社(フランス)は、100%自然石を使用した仕上げ材ストーン・リーフを製造販売している。

 スレートや雲母をもとに作られた素材は、グレー・ブラウン・ブルーなど22種類のカラーバリエーションがある。厚さが1.2~1.4mmと加工しやすく、床・壁、家具やドアにも装着でき、トータルなコーディネートが可能だ。

 素材表面の下層をグラスファイバーで補強してショックに強く、耐水性もあるので水まわりや外装まで幅広く使える。

バイオエターノル暖炉「炎」「煙」「臭い」なし

 ここ近年のヨーロッパで人気が高まっているのが、バイオエタノールを燃料にした暖炉だ。出展の中でも、ポルトガルのGlamm Fire(グラムファイアー)社では、ハイエンドの商品を扱う。

 バイオエタノールによる炎は煙も臭いも出ない。暖炉を壁に埋め込んだモデルや、燃えている炎を覆わずに「炎のゆらぎ」をインテリアの一部にしてしまうセンターテーブルなど、装飾性の高い商品が多く見られた。

~ここまで引用~

こんなインテリアもいいですねぇ。。。
高そうですが。。。