記事一覧

ウッドワン、鉄と無垢材キッチン登場

2016.09.03

ファイル 141-1.jpg

~リフォーム産業新聞より引用~

 ウッドワン(広島県廿日市市)はこのほど、黒の鉄と無垢の木の棚板を組み合わせた「フレームキッチン」を発売した。

ウッドワン 黒の鉄と無垢の木でスタイリッシュ黒の鉄と無垢の木でスタイリッシュ
 同社には住宅の内装材とトータルコーディネートできる、無垢の木のシステムキッチン「スイージー」があり、これは、ニュージーランドの自社森林で 計画的に植林したニュージーパインを主体に、強い木目が特徴的なオークやメープル、ウォールナットといった木材の無垢材を扉に採用したキッチン。

 今回の「フレームキッチン」は、この「スイージー」をよりシンプルでスタイリッシュに加工したシリーズ。特徴はキャビネットや引き出し、扉などを省略し、フレームと棚板といった最小限のパーツ構成であること。キッチンの背面と片側に木製スリットを採用した、軽やかで通気性を感じさせるデザイン。

 カウンターは無垢の木のオークとステンレスの2種類。水に強いタイプのウレタン塗装で表面に4層の塗膜を形成し、水濡れにも強い。

 仕様は奥行き650mmのI型と900mmのP型(間口はどちらも2575mm。)価格はI型で60万1200円。

~ここまで引用~

今回はウッドワンです。
やはり鉄と無垢材の組み合わせはどんなものでもかっこいいですねぇ。