記事一覧

GAINAの日進産業と業務提携

2018.05.07

ファイル 232-1.jpg

~~~~~リフォーム経済新聞引用~~~~~

 菊水化学工業(愛知県名古屋市)は遮熱塗料を使ったリフォームを開始する。4月25日、同社は日進産業(東京都板橋区)と業務提携した。菊水は日進産業より遮熱塗料GAINAの提供を受け、新たに「キクスイガイナ」という名称の塗料として販売、施工していく。

菊水化学工業 新たに販売施工する「キクスイガイナ」新たに販売施工する「キクスイガイナ」

 GAINAとはセラミックを素材とした塗料で、薄い塗膜で高い断熱性、遮熱性を持っており、宇宙航空研究開発機構(JAXA)でも採用されている。

 菊水の狙いはハウスメーカーから受注する新築、リフォーム工事の受注拡大。同社は塗料と施工を一体で提供する、メーカー責任施工が特徴の企業。年間工事件数は1万7000件にも及び、年商200億円規模。

 「ハウスメーカーの新築OBの方から『GAINAで塗装できないのか』と多数相談があり、ニーズの高さを感じていた。優れた遮熱性を持つ同商品をもっと世に広めたい」(菊水・山口均社長)

 日進産業はこれにより販路が拡大する。また菊水と共同で開発を行い、商品競争力をつけることに狙いがある。実際に5月7日には共同開発商品を発売する。菊水からGAINA専用の下地材4種がリリースされた。

 「菊水との共同開発によって塗装事業者からこれまで多数寄せられていた課題が解決する。GAINAをより多くの人に広めていきたい」(日進産業・石子達次郎社長)

~~~~~ここまで引用~~~~~

ガイナの普及が進みそうですね。