記事一覧

身体を安定させる新浴槽 戸建て向けシステムバスルーム「sazana(サザナ)」

2020.01.13

ファイル 305-1.jpg

~~~~~リフォーム経済新聞引用~~~~~

フルモデルチェンジして2020年2月に発売。新サザナには、人間工学に基づいた「4点支持設計」で身体を安定させる形を追求した「ゆるリラ浴槽」を搭載。また、アーチ形状の「コンフォートシャワーバー」は、立った状態でも座った姿勢でも快適なシャワー浴を実現した。

 壁パネルは新色16柄を含め全35柄、床は新色4色を含め全17色から選べる。

~~~~~ここまで引用~~~~~

ゆるリラ浴槽を体験しましたが、リラックス出来ました。
長風呂になりそうです。

TOTO トイレ

2020.01.11

ファイル 304-1.jpg

TOTO トイレ
~リフォーム産業新聞記事引用~
「トルネード洗浄」と「フチなし形状」がさらに進化。すき間や凹凸を少なくしたシンプルで美しいデザインは、汚れやホコリがたまりにくく掃除しやすい上、多様なトイレ空間に調和する。新搭載の「お掃除リフト」「クリーン便座(つぎ目なし)」で、清掃性はさらに向上。2月3日発売。

2019.12.26

ファイル 303-1.jpgファイル 303-2.jpg

暖かい日が多く、もうすぐ年末だというのに
こんなにも綺麗な紅葉を見ることができました。
クリスマス感もまったく味わう事もなく、仕事納めに向けて
もう一頑張りです💦

玄関引戸に後継モデル エルムーブ2 エルムーブ2防火戸 LIXIL

2019.12.15

ファイル 302-1.jpg

~リフォーム経済新聞引用~

 戸建て住宅用玄関引戸エルムーブの後継モデル。「エルムーブ2」は25デザイン13色で230通り、「エルムーブ2防火戸」は21デザイン13色で、194通りの組み合わせが可能。

 エルムーブ2は、自動開閉ができる「リニアスライドシステム」も選択可能。手動開閉でも、「オープンアシスト機能」により開け始めの力が40%軽減される。

~ここまで引用~

防犯性にも優れ、最早メリットだらけです!

食洗機 フルモデルチェンジ

2019.12.06

ファイル 300-1.jpg

食洗機フルモデルチェンジ 

~リフォーム産業新聞記事引用~
食洗機フルモデルチェンジ M8シリーズ ワイドタイプ
パナソニックライフソリューションズ社

 約14年ぶりのフルモデルチェンジで、カゴとノズルが進化した幅60cm新ワイドタイプ。洗い物に応じて形を変え左右にスライドできる上カゴ「ムービングラックプラス」、立体的に隅々まで洗える「3Dプラネットアームノズル」、節水・省エネができる「エコナビ」機能も搭載。2020年2月発売。

照明による演出

2019.11.25

ファイル 299-2.jpg

先日トイレのリフォームが完了したお客様宅の写真です。

トイレ器具はTOTOのネオレスト。壁紙も素敵なんですが、
照明器具にペンダントライトを選ばれました。

私自身、トイレにペンダントライトを使う発想がなかったのですが仕上がりはとっても良い!!

KOIZUMIの商品なのですが、リサイクルガラスを使っているそうで
リサイクルガラスの特徴である小さな泡や緑がかった特有の色合いがレトロ感を醸し出しています。

光が作り出す影模様が壁紙の柄と重なり、なんとも言えない美しい空間になりました。

お客様はもちろん、私も大満足です(笑)

猫共生住宅向けフローリング

2019.11.16

ファイル 297-1.jpg

~~~~~リフォーム経済新聞引用~~~~~

NEKOFLOOR(ネコフロア)ウォルナット
サンワカンパニー(大阪府大阪市)

床暖房対応で、独自のブラッシング加工により滑りにくく、猫が歩きやすく、ひっかき傷も目立ちにくいフローリング。

 木の風合いと摩耗・汚れなどへの耐久性を両立したオリジナルマット塗装が施されているため、触れ心地がよく、わずらわしいメンテナンスも不要。

 ウォルナットのクラシックな濃淡が高級感のある空間を演出する。

~~~~~ここまで引用~~~~~

ネコのひっかき傷が目立ちにくいのはいいですね。

快適な湿度

2019.11.09

ファイル 296-1.jpgファイル 296-2.jpgファイル 296-3.jpgファイル 296-4.jpg

快適な湿度

~リフォーム産業新聞記事引用~
 現在のように高気密・高断熱化が進んだ住宅では、湿度の調節ができないため、湿気や乾燥に悩まされやすい。湿度が高すぎると結露やカビが発生してしまう。逆に低すぎれば、乾燥による肌荒れ、インフルエンザなどのウイルスの繁殖が起こりやすくなる。人が快適に、健康に過ごせる湿度は40~70%だ。

 湿度が高すぎるときには吸湿し、湿度が低いときには建材内に蓄えている水分を放出することで乾燥しすぎを防ぐ建材がある。このように一定の湿度を保つことができる建材を調湿建材という。

 調湿建材のひとつに、湿式工法で施工する珪藻土をはじめとする塗り壁がある。意匠性も高く、人気の壁材ではあるが、調湿目的で採り入れるには手間も工期もかかるのでおすすめしにくい。


 それに比べ、乾式工法の内装材なら採り入れやすい。パネルまたはタイル状になっていて壁や天井に使うことができる。

 壁の一部だけに採り入れてアクセントウォールとして楽しめるなど、バラエティにも富んでいる。快適な室内環境の手助けになるだけでなく、部屋のイメージを一新できるので喜ばれる

TOTO洗面化粧台 NEWオクターブ

2019.10.29

ファイル 295-1.jpegファイル 295-2.jpegファイル 295-3.jpegファイル 295-4.jpegファイル 295-5.jpeg

TOTO 洗面化粧台 NEWオクターブ

モダンな集合住宅向け宅配ボックス

2019.10.20

ファイル 294-1.jpg

~リフォーム経済新聞引用~

モダンな集合住宅向け宅配ボックス TBX-F-G型 ダークグレー色
ダイケン(大阪府大阪市)

 モダンな建物に合う、落ち着いた「ダークグレー色」のハイツ・アパート向け宅配ボックス。ボックスの組み合わせの異なる8種類のラインアップで、設置スペースに合わせたさまざまな連結が可能。また、「防滴仕様」により屋外設置も可能で、設置場所の幅も広がる。

 機械式で電気配線工事が不要なので、メンテナンス費や電気代がかからず経済的。

~ここまで引用~

受け取るだけでなく、運送業者によっては宅配ボックスから
発送も出来るようです!

ページ移動