記事一覧

デザイン畳

2018.11.12

ファイル 255-1.jpgファイル 255-2.jpg

デザイン畳 

~リフォーム産業新聞引用~

デザイナーとのコラボ

 洋風テイストやデザイナーとのコラボレーションなど、デザイン性の高い畳を提案するのがオリザ(宮城県仙台市)だ。畳は、ざっくりとした斜線が大胆な「山なみ」など、約60種類のデザインと好きな色を組み合わせることが可能。また、アレルギーを防止し、メンテナンスも簡単という特徴がある。

ノンアレルギーカビ・ダニ防ぐ

 デザイナーとのコラボレーションでは、大胆な文様で描いた正三角形の畳と長方形の畳を組み合わせることで、個性的な1枚の置き畳になる個性的な商品を開発中。独特な模様が空間にインパクトを与える。また、上品なワインレッドで大胆に彩られた畳や清潔感を与える白い畳など、和室だけでなく洋室にも似合うデザインを多数そろえている。「デザイン性があれば畳を使いたいというニーズは多いです。育児のために、若い人も非常に畳に興味を持っている。住宅のあり方として、自分らしさを追求できるものを提供するべき。それが文化を守ることにつながります」と高橋美恵社長は語る。

 また、同社の畳はアレルギーやカビ、シックハウスなどの専門家と共同開発したノンアレルギー商品。さらに、メンテナンスも簡単になっており、アルコール成分入りウェットティッシュでの掃除や、漂白剤での除菌、希釈した中性洗剤とたわしを用いたブラッシングができる。「畳は洗わないもの、消費するものというイメージがあります。でもオリザの畳は、洗える耐久消費財。カビやダニの発生を防ぐノンアレルギー素材を使っているので、アレルギー患者の方や化学物質過敏症の方も使うことができる」と高橋社長は話す。

 最近では、マンションの一部屋だけに畳を入れる施工事例が増えている。寝室に畳を敷き詰めたいという要望が特に多く、リビングに畳を使いたいという声も広がっている。また、女性は洋風、男性は和風の畳を好む傾向があり、特に白い畳は女性に清潔感があって人気が高い。

 「昔、畳は高級空間の象徴だったのに、今は古い象徴のようになっている。でも、横になってリラックスできる空間が畳の定義だと思います。そのような上質な空間の提供を目指したい」(高橋社長)

クリナップ・ホームプランナーコラボ企画!

2018.11.09

ファイル 254-1.jpg

クリナップショールームにて、システムキッチン ラクエラをお見積もりして頂き、12月末日までにご成約頂くと、当社指定商品を無償にてグレードアップ!!
こちらの企画はクリナップと当社のみのコラボ企画となっております。是非ともご活用下さい!!

クリナップ・ホームプランナーコラボ企画!

2018.11.02

ファイル 253-1.jpg

クリナップショールームにて、システムキッチン ラクエラをお見積もりして頂き、12月末日までにご成約頂くと、当社指定商品を無償にてグレードアップ!!
こちらの企画はクリナップと当社のみのコラボ企画となっております。是非ともご活用下さい!!

「壁貫通型」宅配ボックス

2018.11.02

ファイル 252-1.jpg

~リフォーム産業新聞より引用~

●玄関を開けずに荷物受取 貫通配達ユニット

 住宅壁を貫通して施工するポスト付き宅配ボックス。高気密・高断熱性能を有する樹脂製サッシを受取扉に採用し、住宅の壁を貫通する施工に対応した。

 屋内側の受取扉には簡単に開けられる新規開発のロック機構を備えており、キーや暗証番号はない。
荷物の受け取りや取り出しの際に、家の外に出なくて済む。不在時はもちろん、在宅だが玄関を開けたくない悪天候時や、配達員に対面したくない時にも便利だ。家の中にいながら、郵便物や荷物を複数受け取り、好きな時に荷物を取り出せる。

~ここまで引用~

宅配ボックスの需要は増えてますね。
私も先日工事をさせて頂きましたが、まだ選択肢は少ないです。
これはデザインも良いですね。

塗布タイプの防音材

2018.10.22

ファイル 251-1.jpg

~~~~~リフォーム経済新聞引用~~~~~

 マグ・イゾベール(東京都千代田区)は、塗るだけで遮音性能を発揮するボンドタイプの遮音材「グリーングルー」の販売を開始した。

 同製品は、2枚のボード(石膏ボード、合板など)の間にサンドイッチすることによって、音によるボードの振動を抑え、壁、床、天井から伝わる音を小さくすることができる新しいタイプの防音材料。

 従来の遮音シート等と比べて、低価格であり、かつ高い遮音性能を発揮する。

~~~~~ここまで引用~~~~~

遮音シート、遮音ボードは高いのでこれはいいですね。

DIY 壁紙

2018.10.18

ファイル 250-1.jpg

DIY 壁紙

Francfrancが貼ってはがせる壁紙(ROOM COSME)を展開しています。
~リフォーム産業新聞引用~

 「気分やシチュエーションによって日々変えるメイクや髪型のように、もっと気軽にお部屋の雰囲気も変えて、生活をより彩りのある楽しいものにしてほしいという企画です」と語るのは、商品
開発本部インテリア商品開発部商品3課インテリアアクセサリーチームの野村苑香氏。

 壁紙「リムーバブルウォールペーパー」は、女性1人でも簡単に貼ってはがすことができるシールタイプの壁紙だ。花柄、幾何学模様、単色など全36種類あり、柄同士の思い切った組み合わせも楽しむことができる。


 好きな形に切って、チェストの側面や引き出しに貼ったり、額に入れて絵画のように取り入れることも可能。大掛かりなイメージのある部屋の模様替えに手軽にチャレンジできる商品だ。価格はW45cm×H250cmで、模様入りが2800円。単色は2500円。

 貼った様子をシミュレーションできるアプリも開発した。壁紙を変える楽しさを体感することができ、模様替えを身近に感じることができる。気に入ったらアプリ上で購入可能だ。

 SNSの普及による消費者ニーズの変化を感じているという野村氏。「手軽に飾ることでフォトジェニックなシーンが作れる何かが求められていることに変化を感じています。家への意識、インテリアに対する意識が向上していると感じます」

 ユーザーからも、思っていたよりも簡単に貼ることができたと好評だという。年に2回、新商品が入荷するタイミングで随時新作が入る予定だ。

クリナップ、新キッチン「ステディア」のデザイン提案強化

2018.10.08

ファイル 248-1.jpg

~リフォーム産業新聞より引用~

●クリナップの新キッチン「ステディア」、デザイン提案強化を進める
●LDK空間との調和を意識した「カフェスタイル」プランを提案
●主流になりつつあるLDK一体の間取りに着目し、新たな軸として展開する

LDKと調和した「カフェスタイル」

 クリナップ(東京都荒川区)の新キッチン「ステディア」は、デザイン提案を強化している。

LDK空間との調和を意識した「カフェスタイルプラン」を提案。ワークトップ下のダイニング側にオープン棚を設け、ここに自分の好きな小物類を配置してお気に入りの空間を演出し、リビング側からも楽しめるようにした。また、収納キャビネットも木目色で見せる収納となっている。


 開発本部開発1部キッチン開発課の鈴木真係長は「クリンレディでご評価いただいている機能的な要素は引き継いでブラッシュアップ。クリンレディではキッチン側からのデザイン提案できたが、ステディアはLDK空間に調和するデザイン性を新たな軸にして展開します」と話す。

 「キッチンが独立した間取りから、LDKが一体になった間取りがトレンドになっている。リフォーム適齢期といわれている築21~25年の家ではLDK一体の間取りが2割強であるのに対して、築6~10年では6割強に増えている。今後のリフォームを考えるとLDK一体の間取りが主流になることは明らかです」(鈴木係長)

~ここまで引用~

先日「ステディア」の勉強会に行きました。
ロングセラーのクリンレディに替る商品、期待したいですね!

パナソニックES社、まぶしさ半分のLEDダウンライト発売

2018.09.28

ファイル 247-1.jpg

~~~~~リフォーム経済新聞引用~~~~~

 パナソニック エコソリューションズ社(大阪府門真市)は、高効率「LEDダウンライトワンコア(ひと粒)タイプ」(合計1888品番)を発売した。

 豊富なラインアップでさまざまな用途に対応する高効率LEDダウンライト。明るさはLED250~60形の低WタイプとLED1000形~350形の高Wタイプ。どちらも光学設計により、効率を上げながらまぶしさを約半分に抑制し、快適空間を実現。従来に比べ消費電力を約70%、年間コストを約1万8450円削減する。

 反射板はホワイトのほか銀色鏡面タイプも品揃え。配光角や遮光角など、細かい条件でも豊富な種類から器具が選べる。

~~~~~ここまで引用~~~~~

お値段が安いといいのですが。

塗膜30年保証 サイディング

2018.09.14

ファイル 246-1.jpg

塗膜30年保証 サイディング

~リフォーム産業新聞記事引用~
旭トステム外装(東京都江東区)は、窯業系サイディング「AT-WALL」の「ガーディナル」シリーズで、塗膜30年保証を11月出荷分から開始する。

旭トステム外装 「クルトガVZ」にシックなペールブラックが追加「クルトガVZ」にシックなペールブラックが追加

 住宅の高性能化、長寿命化への志向が高まる中、外壁メーカー各社が塗膜保証の期間を競ってきた。同社は、今年2月のニチハに続く2社目。30年は現時点では最長の保証期間となる。


 ニチハが無機塗料の高性能化で長寿命化を図ったのに対し、同社はフッ素塗料の親水性を高めることで退色や劣化を防ぐ。この性能は「セルフッ素コート・EXE30」で実現した。さらにフッ素系コーティング材「ルミフロン」で耐候性、防食性能を高めている。

 また、これに合わせ同シリーズの「クルトガVZ」にペールブラックF、「グストVZ」にグストオレンジFの新色が各1色ずつ追加されるほか、「ニューグレイスタイルVZ」「ルミナードVZ」「モザイクストーンVZ」の3製品を15mm厚から18mm厚にリニューアル発売する。

【建材トレンド・トイレの清掃性】フチなし形状で掃除も手軽に

2018.09.14

ファイル 245-1.jpgファイル 245-2.jpg

~リフォーム産業新聞より引用~

~建材トレンド・トイレの清掃性~

 従来の便器はフチ裏に汚れが付きやすく、落としにくかった。フチなし形状なら掃除がぐっと楽になる。各メーカーのトイレがフチなし形状を採用している。

汚れやすいフチ裏がなく、ひと目で汚れを確認できるフチなし(左):汚れやすいフチ裏がなく、ひと目で汚れを確認できる
従来品(右):水出し穴の周りに汚れが付きやすく、掃除もしにくい
写真提供/TOTO


汚れが付きにくく、さっと拭くだけ

 トイレ掃除のときにストレスがたまる場所として真っ先に挙げられるのが「便器のフチ裏」。

 従来の便器は、フチ裏にある多数の穴から水を下向きに出して洗浄する方式で、穴の周りに汚れが付きやすかった。フチ裏は見えにくく、ブラシも届きにくいため、掃除がしにくく、汚れが残りがち。臭いの原因にもなっていた。


 そんな問題を解決したのが、フチなし形状の便器。2003年にTOTOが最初のフチなし形状の便器を発売して以降、現在では主要メーカーのほとんどのトイレがフチなし形状を採用している。

 フチ裏がないため汚れが見えやすく、トイレ用掃除シートなどでぐるりと周囲を拭ける。汚れに気づいたそのときに、サッとひと拭きで汚れを落とせる。従来の便器に比べ、掃除の手間がぐっと楽になる。

各社のトイレのフチを徹底比較

各社のトイレのフチを徹底比較


※掲載画像は、リフォームセールスマガジン1月号から抜粋

~ここまで引用~
掃除がしやすいのはいいですね~。

ページ移動