記事一覧

朝日ウッドテック、「抗ウイルスフローリング」を開発

2020.09.18

ファイル 341-1.jpg

~リフォーム経済新聞引用~

同社はフローリングに無機系の抗ウイルス剤を配合した新塗装を施して、抗菌製品技術協議会(SIAA)による抗ウイルスSIAAマークを取得した。10月から挽き板フローリング「LiveNatural Premium」シリーズを皮切りに、他の床材製品も抗ウイルス仕様に順次切り替えていく予定。

今回開発した抗ウイルスフローリングは、SIAAが定める「特定ウイルスが24時間後に99%以上減少」という基準に適合。配合している無機系抗ウイルス剤は、安全性で十分な実績があるうえ、光を必要とせず、夜間や暗所でも十分な効果を発揮するという。

~ここまで引用~

これを機に張替はいかがでしょうか。

パナソニック、約1平米の半個室空間を作る

2020.09.13

ファイル 340-1.jpg

~~~~~リフォーム経済新聞引用~~~~~

約1平米の半個室空間ができる高さ約120cmの仕切りと、デスクが一体になった製品。ユーザーが簡単に組み立てでき、部屋の角に設置すれば仕事や作業に集中するためのスペースが作れる。

仕切りの有孔ボードにはフック等を取り付けてアレンジ可能。色柄はリビングにもなじむ木目調。

~~~~~ここまで引用~~~~~

リモートで仕事や授業をされている方にいいですね。

サンワカンパニー 収納ボックス

2020.09.13

ファイル 339-1.jpg

サンワカンパニー 収納ボックス

~リフォーム産業新聞記事引用~

壁付けの収納ボックス「ピッタラ」には、新たにカラーとサイズのバリエーションを追加した。同商品はパネルの厚みを7.5mmにおさえており、意匠性が高く、幅は1mm単位でオーダーが可能な商品だ。

これまではホワイトと木目調3色の計4色展開だったが、今年5月にブラックとグレー、そしてグレージュ・コーラル・スモークグリーンのニュアンスカラー計5色を新たにラインナップ。サイズも奥行きと高さを各1サイズ増やした。奥行きはこれまで200、300、400mmだったが、新たに500mmを追加。高さは400、600、900mmに加えて200mmをラインナップ。用途や空間コーディネートの幅をより広げられるようになった。

これらのラインナップ拡充を企画したのは高岡見帆氏だ。きっかけは、エンドユーザーがSNSにアップしている施工事例。発売当初は玄関や洗面空間への設置を想定していたが、実際にはキッチンなどさまざまな場所で採用されていることがわかった。どんな場所にも合うすっきりとしたデザインや1mm単位でサイズ調整ができる柔軟性を生かし、より広く展開したいと高岡氏は考えた。「日本の収納は塊で重たいイメージがありますが、海外では壁を飾って楽しんでいます。もっと選ぶことを楽しんで、空間を彩れるものになったらいいなと思いました」と語る。


グレージュ・コーラル・スモークグリーンのくすみカラーを選んだのは、昨年視察したイタリアの展示会からヒントを得たからだ。「トレンド感がある色、そしてちょっと先をいく人たちが選ぶような色を選びました。ファッションのように楽しんでほしい」と高岡氏。この3色は女性から好評で、SNSでも注目を集めている。

バルコニー設置

2020.08.28

ファイル 337-1.jpgファイル 337-2.jpg

LIXILアルミバルコニー ビューステージ設置。

2間(3,640)の3連棟 全長約11m

目の前で見上げると圧巻です!

TOTO、システムキッチン「THE CRASSO」4年ぶりのフルモデルチェンジ

2020.08.22

ファイル 336-1.jpg

~リフォーム経済新聞引用~

4年ぶりのフルモデルチェンジで、より「美しく、使いやすく、きれい」なキッチンへと進化。「美しさ」の一つとして、独自の「クリスタルカウンター」(単色)は透明感を高めるクリアエッジ仕上げとし、新色2色を加えた。柄入りでは新柄「葉の音(はのね)」を追加。扉カラーは新色16色を追加した。

「使いやすさ」では、フロアキャビネットの設計を見直し、引き出しの総収納面積を22%アップ。「きれい」では、排水口は水や汚れが残りにくい新仕様とし、ファンの清掃性も向上させた。マンションのリフォーム用に配管スペースを工夫した「配管まわしキャビネット」もリリース。

~ここまで引用~

新色もいい感じです!

トイレ

2020.08.10

ファイル 335-1.jpgファイル 335-2.jpgファイル 335-3.jpg

男子便器+和式トイレを改修しました。

広くなり、手すりを取り付けてもスッキリしています。

かなりいい感じではないでしょうか。

予測される台風シーズン

2020.08.06

ファイル 334-1.jpg

予測される台風シーズン

~リフォーム産業新聞記事引用~

台風の日本上陸回数が、10年前に比べて増加している。2018年関西エリアで最大瞬間風速58m/s、2019年千葉エリアで最大瞬間風速57m/sを記録し、各地で大きな被害があったことは記憶に新しい。今年は8月に台風4号の発生と例年に比べて遅く、これから台風が頻発することが予測される。

そこでYKK APが提案するのが「耐風シャッターGR」だ。「通常戸建ての耐風圧性能は負圧800Paが一般的で、風速換算値で51m/sに相当する耐えるレベルです。昨年の台風は57~58m/sを記録しているので、もう1、2ランク上の風速62m/sに相当する負圧1200Pa、に耐えうるシャッターの性能を目指して、この耐風シャッターGRを作ってきました」(住宅商品企画部シャッター商品企画室竹原立明室長)着脱可能な耐風ポールもシャッターの強度を上げている。

防災対策をする場合、新築でというより、リフォームですぐにつけたいというニーズが多い。それに応えるのが同社の「かんたんマドリモ シャッター」だ。既存の窓や雨戸をそのままに、壁の上から取り付けることができ、1窓つけるのに約2時間、3窓でも一日で完工できるスピード感がある。

LIXIL、既存玄関ドアを1日で自動ドアに変更

2020.07.24

ファイル 333-1.jpgファイル 333-2.jpg

~新建ハウジングDIGITAL引用~

LIXIL(東京都江東区)は9月1日、既存の玄関ドアを自動ドアに変えることができる電動オープナーシステム「DOAC(ドアック)」を発売する。先行受注は8月3日から。

玄関ドアに触れることなく、リモコンのボタンひとつで鍵の施錠・解錠、ドア開閉が可能になるシステム。オートロック機能付きのため、施錠のために振り返る動作が不要になる。
万が一のケースを考え抜いた「フェールセーフ設計」により、車いすユーザーや高齢者でも安心して使えるとする。

設置は、既存の玄関ドアはそのままに電動のドアオープナーやサムターンを後付けするだけと容易なため、リフォーム工事は1日程度で完了する。取り付けたその日から使用できる。

~ここまで引用~

従来のキーを使って手動で鍵を開けられるようなので、
停電時も安心ですね!

飛沫対策やパーテーションに 防炎機能付きビニールカーテン

2020.07.16

ファイル 332-1.jpg

~~~~~リフォーム経済新聞引用~~~~~

トーソー(東京都中央区)

室内のパーテーションや、屋外の風よけ、飛沫感染予防にも使えるビニールカーテン。防炎機能があり、商業施設でも利用できる。耐寒、帯電防止、防虫、抗菌機能を持つ製品もある。厚さは0.3/0.47/0.55mm。カーテンレールは許容荷重50kgと30kg(小口開口部向き)の2種。

~~~~~ここまで引用~~~~~

コロナ対策用ですね。
梅雨が明けたら防虫機能を持つ製品もいいですね。

触らないからキレイ タッチレス水栓

2020.06.28

ファイル 330-1.jpg

LIXILのキッチン用タッチレス水栓(浄水器付)ナビッシュに
乾電池式が登場しました。
電源工事など大掛かりな工事不要で、簡単にご自宅のキッチン水栓が
タッチレス水栓に取替できますよ!

ページ移動