記事一覧

自由に調整できる壁面収納 ガレージウォールラック

2019.07.13

ファイル 286-1.jpg

~~~~~リフォーム経済新聞引用~~~~~

ビーズ(大阪府東大阪市)

 初めての人でも気軽に壁面収納に挑戦できるよう設計された突っ張り棒式ウォールラック。有孔ボードや棚の配置は、収納したいものに合わせて自由に調整可能。スチール製フレーム、有孔ボード、長押し代わりになるラダーボード、飾り棚を作るために必要なベースと棚板のパーツ一式を基本セットにした。

~~~~~ここまで引用~~~~~
気分によってレイアウトを変えたりなど、自由度の高さがいいですね!

天井に吊り下げる吸音材 天井用吸音パネル「キントーン」

2019.07.06

ファイル 285-1.jpg

~~~~~リフォーム経済新聞引用~~~~~

大建工業(大阪府大阪市)

 公共・商業施設向けの吸音材。人の話し声から高音域までの幅広い音域に対し、約50~60%の吸音効果を発揮。音の反響を軽減し、室内の話し声や音などを聞き取りやすくする。

 既存の天井に取り付けられる吊り下げ式で、5色2形状をラインアップ。色・形状の特注もできる。聴覚と言語の発達時期にある子どもたちが過ごす幼保施設にも最適。8月21日発売。

~~~~~ここまで引用~~~~~

幼稚園には良さそうですね。

LIXIL 乾電池式タッチレス水栓

2019.06.27

ファイル 284-1.jpg

LIXIL 乾電池式タッチレス水栓

~リフォーム産業新聞記事引用~
 LIXIL(東京都千代田区)はこのほど、キッチン用タッチレス水栓「ナビッシュ」の乾電池式タイプを発売した。コンセントなしで使えるため電気工事が不要。今まで取り込めなかったリフォーム需要を狙う。

LIXIL センサーに手をかざすと吐水、止水が可能センサーに手をかざすと吐水、止水が可能

 コンセプトは「触らないからキレイ」。吐水口先端部分にあるセンサーに手をかざすと吐水、止水が可能だ。タッチレスで操作でき、水栓を汚さずに済む。またホースを引き出すとハンドシャワーになり、簡単にシンクが掃除できる。電池寿命を延長させるため、100V電源タイプと比較してLEDの点灯時間を減少、センサー発光間隔(感度)も変更した。


 LIXIL水栓事業部水栓営業部販売企画担当の金冠希氏は「電源タイプはリフォーム時に電気工事が必要で敬遠されがちだったため、乾電池式を開発。電池ボックスの設置位置はキャビネットの内側です」と話す。

 単1乾電池2本が必要で、交換時期の目安は年1回(1日100回使用時)。価格は浄水タイプ13 万8000円、ノーマルタイプ8万8000円。

 ナビッシュは2005年に誕生、さまざまなバリエーションを展開。出荷数は年々増加し累計35万台。今後は今回の発売をきっかけに、ナビッシュ市場の倍増を目指す。

 「業者様にもおすすめの一品としてセレクトして欲しい。単価アップにもつながると思います。これからはナビッシュをキッチン水栓のスタンダードにしたい」(金氏)

外壁塗装工事

2019.06.17

ファイル 283-1.jpgファイル 283-2.jpgファイル 283-3.jpg

外壁塗装工事完了!!

もともとは1色の外壁だったのですが、今回はタテに2トーンの配色をし、とてもスタイリッシュで美しい外観になりました。

駐車場拡張工事

2019.04.29

ファイル 279-1.jpgファイル 279-2.jpgファイル 279-3.jpg

駐車場を大きく広げています。

連休中も引き続き施工させて頂きます。

完成まであと少し!!

エクステリアキャンペーン

2019.04.27

ファイル 278-1.jpgファイル 278-2.pdf

暖かくなり、エクステリアリフォームのご相談が多くなってきました。
つい先日も、間口3間×奥行12尺と大きなテラス屋根と
人口木デッキの設置をさせて頂きました。

LIXILではエクステリア商品ご購入の方に向けてキャンペーンを
実施中です。
この機会にぜひご利用下さい!

●キャンペーン期間
 ご購入  :6月28日まで
 エントリー:6月3日まで

浴室用の大画面テレビ

2019.04.23

ファイル 277-1.jpg

~~~~~リフォーム経済新聞引用~~~~~

大画面24V型デジタルハイビジョン浴室テレビ
リンナイ(愛知県名古屋市)

 大画面24V型のデジタルハイビジョン浴室テレビ。地上波、BS、110度CSのデジタル放送対応チューナーを内蔵。シャープのテレビ向けネットサービス「AQUOSCity」も搭載しており、各種コンテンツを楽しめる。

 ホームネットワークにも対応。ホワイト、ブラックの2色。

~~~~~ここまで引用~~~~~

お風呂で24V型で見るとなかなか出られなくなりそうです。

LIXIL キッチン

2019.04.12

ファイル 276-1.jpg

LIXIL キッチン

~リフォーム産業新聞記事引用~
新開発の「ひろびろ」シンク システムキッチン「リシェルSI」「アレスタ」

 2機種とも4月より、新開発の「ひろびろWサポートシンク」(写真上)が標準装備となる。シンク内に2段のレーンを組み込んだ「Wサポートシンク」を、さらに15cmワイドにして作業性を高めた。同時に、扇型に水が広がり大小の洗い物に適応する「ひろびろシャワー」(同下左)も搭載。6月には、「リシェルSI」に「キッチンコンセント」(同下右)も搭載。

ガルバリウム鋼板加工

2019.04.06

ファイル 275-1.jpgファイル 275-3.jpg

R型の庇をガルバリウム鋼板にて上張り

薄いガルバリウム鋼板できれいなRを描くのはなかなか難しい作業です。

《設備建材 リフォーム大賞2019 結果発表》

2019.03.30

ファイル 274-1.jpgファイル 274-2.jpgファイル 274-3.jpg

~リフォーム産業新聞より引用~

《リフォーム営業マン・プランナーが選ぶ設備建材
リフォーム大賞2019 結果発表》
 本紙は全国のリフォーム営業マン、プランナーにアンケートを実施。421人から有効回答を得た。

●キッチン部門、ラクエラが初の1位
●バスはサザナが2連覇
●トイレはネオレスト

 キッチンは前回2位だったクリナップのラクエラが初めての首位を獲得した。前回はクリンレディがトップだったが、ステディアにモデルチェンジした結果3位に後退したものの、同社はキッチン人気ナンバーワンメーカーの地位を守った。

バスはTOTOのサザナの2連覇。今年もLIXILのスパージュ、アライズを引き離した。

 トイレはTOTOのネオレスト。デザイン、機能性、コスト、施工性の全てでトップを獲得し、前年に引き続き首位を守った。2位は同じくTOTOのピュアレストEX。

 洗面化粧台は首位が交代。前回3位だったLIXILのルミシスがトップに輝いた。前年1位のTOTOサクアは僅差の2位だった。

 コンロ部門はリンナイの牙城。トップはデリシアだったが、価格帯別で全商品首位を達成した。

 今年はトイレ、洗面化粧台、コンロの3部門で高級価格帯商品がトップに選ばれ、商材の高級化が見られた。

~ここまで引用~

ついにステディア(旧クリンレディ)をラクエラが超えました!
それ以上に意外だったのは、個人的には洗面化粧台の結果です。

ページ移動