記事一覧

リフォーム大賞4年連続首位のTOTO洗面化粧台「サクア」、人気の秘訣は?

2018.07.27

ファイル 243-1.jpgファイル 243-2.jpgファイル 243-3.jpg

~リフォーム産業新聞より引用~

●収納力は2割増・洗剤などストック保管充実

 本紙「リフォーム大賞」で4年連続首位に輝いた洗面化粧台がTOTO(福岡県北九州市)のサクアだ。リフォーム営業マンの多くがお勧めするこの商品は陶器による高い防汚性と収納力に強みがある。

●耐久性高い陶器製

 汚れにくさが「サクア」最大の特徴だ。朝シャンや洗濯前のもみ洗いなど、生活の様々なシーンで洗面化粧台が使われるようになっている現代では、清掃のしやすい洗面ボウルであることが非常に重要な要素になっている。

 同商品は、陶器製であることの耐久性の高さに加えて、表面が「セフィオンテクト」で仕上げられており、汚れがつきにくくなっている。これは、トイレのネオレストNXにも使われている同社の独自技術で、従来の釉薬の上に特殊なガラス層を焼き付けることで、便器内部表面を100万分の1mmのナノレベルでなめらかになり、耐久性と防汚効果が長く続く特徴がある。そのため、清掃性に非常に優れているのだ。

●排水管の手前に広い収納

 収納力も強みだ。2016年2月のモデルチェンジの際には、従来品の収納力が2割も向上した。それが「奥ひろし」という収納。これは本来ボウルの真下を通る排水管を奥側にスライドさせることで、手前側に収納スペースを確保するというものだ。

 それにより、タオルや歯磨きセット、ドライヤーなど毎日使うものだけでなく、バケツや多くの洗剤の在庫など、ストックの保管を目的とした収納ができるようになった。足元には体重計を収めるスペースすらある。


 この他にも「サクア」には多様な機能がある。左右どちらからでも開ける「スウィング三面鏡」、手前に伸びる蛇口、オプションで付与できる「きれい除菌水」など、廉価でありながら快適になる仕掛けが満載になっている。

~ここまで引用~

人工大理石(樹脂)ボウルが主流の中、陶器製なので比較対象しやすい商品です。
個人的には、TOTOの体重計収納が気に入っています。定位置が決まっていないお宅多いですよ。