記事一覧

マキタ、ファン付きジャケット発売

2017.06.09

ファイル 184-1.jpg

~リフォーム産業新聞より引用~
55分充電で17時間稼働

 マキタ(愛知県安城市)は、同社のリチウムイオンバッテリを使用できる「充電式ファンジャケット FJ204Dシリーズ」を発売した。

マキタ ブラシレスモータを搭載した新・コンパクトファンを採用ブラシレスモータを搭載した新・コンパクトファンを採用

 ファンジャケットは、ジャケット背面に装備したファンがジャケット内に風を送ることにより、涼しさを得られるもので、暑さの厳しい環境で着用することにより、作業環境の改善に役立てられる製品。


 このたびの新商品は、ブラシレスモータを搭載した新・コンパクトファンの採用により、1回約55分の充電で約17時間使用できる。

 また同社独自の風量調節機能や保冷剤を収納する内ポケットの配置、周辺音が聞こえやすい耳部メッシュ仕様のフードなど、細部にわたってさまざまな機能を備えている。

~ここまで引用~

これはすごいですね。55分の充電で17時間!

印象の良い服装は?

2017.05.30

ファイル 183-1.jpg

―――――――リフォーム産業新聞引用‐―――――――


新企画「施主vsリフォーム会社意識調査」がスタートする。これは施主とリフォーム会社を中心とした住宅会社に対して共通のテーマの質問をする企画。お客さんが求めているものと住宅会社の意識に違いがあるのか、ないのかを調査する企画だ。今回のテーマは営業マンの服装。調査は越智産業協力のもと行われた。
施主に「印象が良い営業マンの服装」、新築・リフォーム会社に「営業担当者の服装」をそれぞれ質問。その結果を対比した。それぞれ回答の上位3つは、施主側が(1)スーツ(39%)(2)統一の制服(22%)(3)「作業着」「気にしない」(17%)だったのに対し、新築・リフォーム会社側は、(1)スーツ(42%)(2)作業着(23%)(3)統一の制服(14%)の順。

営業マンの服装について、施主側と新築・リフォーム会社側で大きな違いはなかった。新築・リフォーム会社の営業マンはやはりきちんとした身なりが肝心のようだ。

灰一、花がモチーフの水栓金具

2017.05.26

ファイル 182-1.jpgファイル 182-2.jpg

~リフォーム産業新聞より引用~

スペイン製洗面ボールとコラボ

 灰一(滋賀県草津市)は、花をモチーフにしたオリジナル水栓金具「chouchou(シュシュ)」の受注を開始した。

 同社が輸入・販売を行うスペイン発の洗面ボウル「BOING(ボーイング)」デザインにぴったりの水栓が欲しい、というユーザーの声に応える形でコラボレーション商品として開発。カラフルで弾力性のある「BOING」のコンセプトやデザインの魅力を最大限に生かす水栓金具として開発した。

 フランス語で「かわいい」という意味を持つ「シュシュ」は、見た目がかわいらしい花形のヘッド部分に、つかみやすさや回しやすさを追求したユニバーサルデザインを採用。軸の部分は手前に傾斜させ、濡れた手からしたたる水が洗面ボウルの中に落ちるように設計され、優れた機能性も兼ね備える。シンプルな形状で掃除もしやすい。

 価格は税別5万9000円で、施工可能な工務店やデザイン事務所経由での販売となる。

~ここまで引用~

デザイン性の高い物は機能性/清掃性が悪かったりしますが、
これは良さそうですね。

パステリカラーのデザイン瓦

2017.05.19

ファイル 181-1.jpg

~~~~~リフォーム経済新聞引用~~~~~

店舗や保育園にも
 井野瓦工業(愛知県高浜市)は、カラフルなデザインの瓦「Colors彩シリーズ」の本格販売を開始した。これまでの瓦のイメージを一新するパステルカラーの新商品。全て無鉛釉薬で色を再現しているため、ほとんど色褪せが無いのが特徴。
 「真紅以外なら、どんな色でも再現できます。まずは9色のカラーバリエーションで新しい瓦のデザインを提案していきます」(井野一也氏)
 カラーはチェリーピンク、レモンイエロー、ネイビーブルー、ミルキーホワイトなど8色展開に加えて、プレミアム彩シリーズとして煌(きら)びやかなスペシャルゴールドの計9色。住宅でのアクセント使いの他、店舗や商業施設、保育園などに提案していく。

~~~~~ここまで引用~~~~~

ほとんど色褪せが無いとのこと。
早く見てみたいですね。

パナソニック 3口コンロ

2017.05.08

ファイル 180-1.jpg

パナソニック 3口コンロ

~リフォーム産業新聞記事引用~

 パナソニック エコソリューションズ社(大阪府門真市)は、3口横並びの「トリプルワイドガス」を機能強化し新製品を開発。6月より受注開始する。対象シリーズは「L-CLASSキッチン」「リフォムス」「ラクシーナ」「Vスタイル」。

パナソニックES社 調理を効率化できる「トリプルワイドガス」調理を効率化できる「トリプルワイドガス」

 調理の効率化をめざし、豊富なメニューの簡単調理を実現した。専用付属品「ほっとくっキングリルパン」を使った「グリルパンモード」では、基本メニューの魚・肉・野菜の料理コース20種を搭載。応用メニュー30種と合わせ、計50種類の簡単調理を可能とした。焼き加減はお任せなので、「裏返し時」や「焼き上がり」を知らせ、「自動OFF」まで行う。この機能を活用すれば、空いた時間に副菜を調理することができる。対面プラン用には、10年間ファンの掃除が不要な「ほっとくリーンフード」に、油などの飛び散りを減らすガラス製スクリーンを用意。

~ここまで引用~

パナソニックの横並びの3口コンロはかっこいいですね。
他社にはない独自の形状が良いと思います。

YKK AP、壁紙が貼れるインテリアドア

2017.05.02

ファイル 179-1.jpg

~リフォーム産業新聞より引用~

水分防止で反りにくい「ファミット」

 YKK AP(東京都千代田区)は、好きな壁紙を貼って自由にデザインできる新インテリアドア「famitto(ファミット)」を新発売した。

YKK AP 好きな壁紙を貼って自由にデザインできるドア好きな壁紙を貼って自由にデザインできるドア

 従来、一般的な木製室内ドアに壁紙を貼ると、壁紙を貼る際に使う水糊の影響でドアに反りが発生し、スムーズな開閉が難しくなったり、枠と扉の間に隙間が生じてしまうなどの課題があった。

 新発売の「ファミット」は、アルミフレームと、非常に反りにくい性能を備えたグルーサンドハニカムパネルを組み合わせることで、反りの原因となる水分の影響を受けにくい構造となっている。また、表面パネル(グルーサンド)の中に、水分を防止するためのアルミ膜を設けている。

 同商品は、多数の壁紙から好きな柄を選んでオリジナルのコーディネートを楽しめる。壁とドアに同じ壁紙を貼ってドアを壁になじませたり、壁と違う壁紙を貼って空間のアクセントにしたりすることもできる。

 壁紙の貼り替えも可能で、昨今増加している賃貸集合住宅での壁紙変更や、DIYでの貼り替えにも対応可能。

~ここまで引用~

ドアの壁紙が自由に貼り替えできるのはいいですねぇ。

シンクの名称

2017.04.29

ファイル 178-1.jpgファイル 178-2.jpg

----リフォーム産業新聞より引用------
タカラスタンダード(大阪府大阪市)は、導入後好評を得ていたキッチンの「家事らくシンク」を中価格帯に、アクリル人造大理石シンクを普及版に対応を拡大する。
「家事らくシンク」は、「洗う・調理する・片付ける」を効率化する3層構造のアクリル人造大理石シンク。利便性が高く、2016年グッドデザイン賞を受賞している。「レミュー」でのみ選択可能だったが、今回中価格帯の「エマージュ」「リテラ」でも選択できるようになった。

 アクリル人造大理石(人大)は、美観と耐久性に優れる。中級価格帯以上の「レミュー」「エマージュ」「リテラ」で採用されていたが、普及価格帯の「エーデル」でも選択可能になった。

-------ここまで引用-------

クリナップの流れ~るシンク、LIXILのナイアガラフロー、TOTOのスクエアすべり台シンクなど各メーカー ネーミングがユニークですね。

トクラス、ビジュアル的な要素を人造大理石製シンクに

2017.04.21

ファイル 177-1.jpgファイル 177-2.jpg

~リフォーム産業新聞より引用~

メーカーのプロダクトデザイナーが
本当に伝えたい商品の魅力について語る

作り手が一生懸命考えた商品でも、売り手にその情報が伝わらず、商品価値や魅力がユーザーに伝わらない場合がしばしばある。リフォーム業界も同様だ。商品開発デザイナーが考える開発背景や意匠へのこだわりを知ることで、ユーザーへの商品プレゼンも説得力が増すはずだ。

Berry
トクラス(静岡県浜松市)
 今では弊社の代名詞になった人造大理石製のシンクですが、発売当時、それまでのキッチンではありえない色・カタチをデザインに取り入れました。イエローをトレードマークにしたビビッドなカラーと丸型の人大シンクは、2004年に発表して最初は「売れるのか?」と心配されましたが、オープンキッチンが市民権を得だしたこともあり、自分の好みの色でリビングダイニングを表現できるキッチンとして選ばれるようになりました。

"シンクにビジュアル要素を"と人大だからこそできる、今までにない色とカタチを実現させた。扉の色は、同じピンクでも桜色や、曙色など、選んだ色に愛着を持ってもらえるよう、名前や由来などのストーリー性にこだわっている。"シンクにビジュアル要素を"と人大だからこそできる、今までにない色とカタチを実現させた。扉の色は、同じピンクでも桜色や、曙色など、選んだ色に愛着を持ってもらえるよう、名前や由来などのストーリー性にこだわっている

~ここまで引用~

『深支子(こきくちなし)』なんてカラーもあります。
ちょっとした事ですけど、楽しくなるセンスですね。

「戸建て用」宅配ボックス

2017.04.10

ファイル 176-1.jpg

~~~~~リフォーム経済新聞引用~~~~~

4月1日、東京都足立区にオープンしたばかりの「パナソニックリビングショウルーム東東京」店に足を踏み入れると、最初に展示されているのが戸建て用宅配ボックス「コンボ」。「特に今注目されている商品なので、真っ先に目につくところに配置した」と黒木亮司営業所長は話す。
 同社の宅配ボックスは扉を開けて荷物を入れた後、施錠。伝票差し込み口に伝票を入れて「なつ印ボタン」を押せば配達完了というもの。配達員は商品をボックスの中に置いていけるため「再配達」のために持ち帰る必要がなくなる。
 パナではネット通販が増加し再配達が増えることに注目。4月3日には3種の新商品を発売しようとしていたが、既存の商品が通常月の5倍の受注となり、異例の発売延期となった。2017年度は1万5000個の販売を計画し、次年度は3万台を狙うとしていた。

~~~~~ここまで引用~~~~~

共働きの家庭が増え需要が高まってきているのですね。

介護用ドア

2017.04.08

ファイル 175-1.jpg

YKKの介護用ドア

~リフォーム産業新聞記事引用~

 室内ドアから折戸への介護リフォームを、「かんたん」な工事で行える商品として開発された。施工は、既設枠の上からアタッチメントを取り付けるだけで、1時間~半日で完了する。壁工事や内部造作も不要で、既設枠はメーカーを問わず対応が可能となっている。
 介護保険制度において、要介護者・要支援者が住宅改修を行う場合、改修費の9割相当額(上限18万円)が支給されるが、同商品はその対象工事である「引き戸等への扉の取替え」に該当する。

 設置後は、従来のドアに比べて開閉スペースが約1/2と小さくなり、安全でスムーズな出入りが可能となる。
~ここまで引用~

今までもメーカー品で折戸はありましたが、簡単にリフォームできる折戸はありませんでした。

トイレだけでなく廊下や脱衣所・納戸等のスペースのない場所に適している商品ですね。

ページ移動