記事一覧

LIXIL、戸建住宅用システムバスルーム「Arise」をフルモデルチェンジし発売

2017.03.19

ファイル 172-1.jpg

~日経新聞 住宅サーチより引用~

戸建住宅用システムバスルーム『Arise(アライズ)』を刷新
新たなシャワー浴の提案や、現場対応力の強化でリフォームニーズに対応
 
 住まいと暮らしの総合住生活企業である株式会社 LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:瀬戸欣哉)では、このたび、戸建住宅用システムバスルームの主力シリーズ『Arise(アライズ)』をフルモデルチェンジし、2017 年 3 月 1 日より全国で発売します。

 今回こだわったのは、ユーザーの新しい生活スタイルに、わかりやすいデザインでお応えすることです。増加するシャワー中心の入浴スタイルに対応する「フルフォールシャワー」や、高齢化や女性の社会進出といった社会背景を受け、お手入れを楽にする「まる洗いカウンター」など、見て、触れば、誰でも良さが体感できる仕様としました。また、職人確保が厳しくなるなか、取付を簡単にするアイテムで、リフォーム対応力を大幅に向上しています。

~ここまで引用~

立ってシャワーを浴びる人が増えているそうです。
先日社内でもそんな話が出ましたが、個人的には想定外でした。

ナイアガラフロー

2017.03.12

ファイル 171-1.jpg

~~~~~LIXILホームページより引用~~~~~

汚れを広げずすばやく排水口に流し込む「ナイアガラフロー方式」
独自の底面形状と段差をつけた「ナイアガラフロー方式」搭載により、汚れやごみをすばやく排水口に洗い流します。食器から洗い流した汚れや、ポケットに置いたスポンジからの水滴も、奥の段差に流れ込み、シンク内に戻りにくい構造です。また、底面をすばやく洗い流せるので、お手入れにかかる時間も短縮し、使用する水の量も抑えられます。

~~~~~ここまで引用~~~~~

よごれやごみがシンクに残らないのはいいですね。
どこのメーカーも同じことを考えるのですね。

システム収納

2017.02.28

ファイル 170-1.jpgファイル 170-2.jpg

ダイケン システム収納

~リフォーム産業新聞記事引用~
大建工業(大阪府大阪市)は、システム収納に新工法「オンボード工法(収納接着工法)」を開発し、提案を始めている。

大建工業 壁下地へのビス固定が不要壁下地へのビス固定が不要

 リフォームのシステム収納を取り付ける場合、壁面の指定箇所のクロスを剥がした後に、専用の施工桟を既存の壁に接着固定し、その施工桟にシステム収納を専用金具で留める施工法。

 新工法の特徴は、合板下地がない壁やマンションの戸境壁など、従来のビス固定ができない壁面にも収納部の取り付けが直接できること。壁下地へのビス固定が不要となるため、工期短縮や工事費用削減が可能。
~ここまで引用~

ビス固定不要の収納がついにできました。
一度試してみたい商品ですね。

サンゲツ、不燃認定の壁紙見本帳発売

2017.02.17

ファイル 169-1.jpg

~リフォーム産業新聞より引用~
 サンゲツ(愛知県名古屋市)は、不燃認定壁紙見本帳「2017-2019フェイス」を、2月2日に発売した。

 特徴は、ホテル・旅館、病院、オフィスなど、非居住施設に特化したラインアップだ。全点不燃認定を取得できる防火壁装材料を採用。上質な空間を演出する「デザイン&カラー」を充実し、240種の色をまとめ、総点数 896 点と高度で多様なニーズに応える「機能性アイテム」を豊富に取り揃えた。


 同社ショールーム・設計事務所・建設会社・工務店などで閲覧可能。同社ホームページ上で「デジタルブック」でも発売と同時に公開された。
~ここまで引用~
早速とりよせてみます!

網のない防火ガラス

2017.02.16

ファイル 168-1.jpg

----------------リフォーム産業新聞社 引用-----------------------

YKK AP(東京都千代田区)は、国土交通大臣認定防火設備の「防火窓シリーズ」に業界初で耐熱ガラスを採用した、「耐熱強化複層ガラス仕様」を新たに追加し販売を開始した。
 現状、"防火窓"では網入りガラスの使用が一般的。そのため、特に透明ガラスにおいては、窓から屋外を眺める際に網が視界を妨げ、眺望性を損ねてしまう点が課題だった。
 そこで同社は、防火機能を有しながら、網のない耐熱強化複層ガラス(Low-E)を採用した"防火窓"を開発し、国土交通大臣認定防火設備の認定を取得した。
 これにより、都市部に多く分布する防火/準防火地域の住宅においても、窓からのクリアな視界を提供することが可能となった。
 今回は、「アルミ複層タイプ」のみならず、断熱性の高い「アルミ樹脂複合タイプ」にも「断熱強化複層ガラス仕様」を設定。伸張している住宅の高断熱化にも寄与する。

新築住宅、内覧会ではここをチェック

2017.02.11

ファイル 167-1.jpgファイル 167-2.jpgファイル 167-3.jpg

~日経新聞 住宅サーチより引用~

一戸建て、マンションともに、年度末が差し迫るとどうしても雑な工事が増加するのが通例だ。子供の春休みに合わせて引っ越したいといった購入者側の希望と、会社の決算上の都合からどうしても年度末までに引き渡したいといった業者側の理由とがあいまって、完成・引渡しされる物件が2月から3月に集中し、工期が逼迫するためだ。

 引き渡し前には現場で「完成内覧会」があるのが一般的だ。内覧会は「契約者による最終確認」といった意味合いが含まれており、「建物を確認した旨の書類」に署名することになる。引き渡し後には無償補修の「アフターサービス」があるが、補修までに時間がかかったり、入居後に責任の所在が曖昧になったりしてもめることも多いので、引き渡し前の内覧会では、建物の仕上がりをしっかりとチェックしておきたいところだ。


写真1 排気ダクトが排気口に接続されていない
 さくら事務所のホームインスペクション(住宅診断)の実例から、ありがちな事例をいくつかご紹介しよう。 写真1はとあるパワービルダー(低価格の建売住宅を大量供給する事業者)の新築一戸建て。工事を急いだのか、ユニットバスの排気ダクトが壁の排気口に接続されていない。たんなるうっかりミスと思われるが、このまま生活を始めたら屋根裏には湿気がたまり、カビやシロアリの温床となるだろう。やがては木材の腐食につながり建物を傷める。

 写真2は新築一戸建ての床下。押し入れの下部にあるべき断熱材が入っていない。

 写真3は新築マンションの天井裏。断熱材が電気配線によってぐちゃぐちゃに巻き込まれてしまっている。

写真2、3とも、このままでは当然、想定した省エネ性能は発揮できないだろう。一戸建て、マンションともに、床下や天井裏には点検口がついていることが多い。点検口は必ず開けて、工事の状態を確認してみよう。

~ここまで引用~

これは新築に限らずチェックするべきですね。
リフォーム工事の際にも、こんな物件に出会う事がありますよ。

永大産業、シンメトリーが生み出す美しさ

2017.01.15

ファイル 165-1.jpgファイル 165-2.jpgファイル 165-3.jpgファイル 165-4.jpg

~リフォーム産業新聞より引用~
作り手が一生懸命考えた商品でも、売り手にその情報が伝わらず、商品価値や魅力がユーザーに伝わらない場合がしばしばある。リフォーム業界も同様だ。商品開発デザイナーが考える開発背景や意匠へのこだわりを知ることで、ユーザーへの商品プレゼンも説得力が増すはずだ。

ピアサス S-1 ユーロモード
永大産業(大阪府大阪市)

 ピアサスS-1ユーロモードは日本にないキッチンを作りたいという発想からスタートしています。そこで、大きなデザインコンセプトとして「シンメトリー」にこだわりました。左右対称のキッチンは空間に置いた時に非常に落ち着きのある安定したデザインをもたらしてくれます。15㎝刻みでどんなサイズでもシンメトリーになるように設計されています。これは口で言うと簡単なのですが、商品として実現するのは非常に苦労しました。

左右対称のデザインが空間に落ち着きと美しさをもたらす左右対称のデザインが空間に落ち着きと美しさをもたらす

 天板の見付けもできる限り薄くし、ヨーロッパのキッチンのようなスタイルを実現しています。他にも日本のキッチンだと蹴込みが10㎝以上あるのですが、シンプルなデザインには野暮ったくなってしまうので、5㎝までに抑えてモダンなデザインを壊さないようにしています。

面材の選択で明るい空間にも映えるデザイン。ガーデンの緑もデザインに取り込んだ空間を提案した事例面材の選択で明るい空間にも映えるデザイン。ガーデンの緑もデザインに取り込んだ空間を提案した事例

 シンプルな美しさを追求したことで、様々なスタイルのデザイン空間に合うキッチンになりました。シンメトリーデザインと弊社の高いステンレス加工技術をベースとし、インテリアのテイストに合わせた面材を選ぶことで様々な表情を演出できます。

グリルをあえて入れないのが理想形。「デザイナーの立場としてはシンメトリーを壊したくないというのが本音です」(住設事業部次長 岡本 英昌氏)グリルをあえて入れないのが理想形。「デザイナーの立場としてはシンメトリーを壊したくないというのが本音です」(住設事業部次長 岡本 英昌氏)

シンメトリーというユニークな特徴を持ったキッチンの原点はこうした思いだ。「どれも同じように見える日本のキッチンにはない空間提案を可能にするキッチンにしたかった」(岡本氏)。シンメトリーというユニークな特徴を持ったキッチンの原点はこうした思いだ。

~ここまで引用~

おしゃれで憧れますねぇ。

クリナップのシステムバス

2017.01.12

ファイル 164-1.jpgファイル 164-2.jpgファイル 164-3.jpg

--------クリナップホームページより引用---------

クリナップ(本社:東京都荒川区 代表取締役社長:井上 強一)のシステムバスルームに搭載している「足ピタ」パターンが、一般財団法人国際ユニヴァーサルデザイン協議会(以下、IAUD)主催の「IAUD アウォード2016」にて住宅設備部門「IAUD アウォード」を受賞しました。

足ピタパターンの特長

溝の深さを従来の約1/3(当社比)とし、足裏との間にできる水の膜を取り除きつつ、十分な接触面積を確保。床表面の微細な凹凸が濡れている足裏に密着し滑りにくい。

同様に凸部の高さを従来の約1/3、その立ち上りの角度を約45度としたことで、凹部の底へもスポンジが届くようになり、溜まった汚れを容易に取り除くことが可能ととなり、清掃性が向上した。

凹部に入り込んだ水は毛細管現象により排水口まで導かれるため、浴室の床が乾燥するまでの時間を短くすることにもつながり、床表面の乾燥性も向上した。

料理上手への近道!ガスコンロの交換リフォーム

2017.01.08

ファイル 163-1.jpgファイル 163-2.jpg

~BIGLOBEニュースより引用~

キッチンのガスコンロが格段に進化しています。交換リフォームはとても簡単で、ビルトインタイプでも1時間程度で終了。特に注目したいのが魚焼きグリル部分です。手間のかかる料理も自動でやってくれるので、その日から料理上手に!魚焼きの後でパンを焼いても、魚臭くならない理由もご紹介します。

◆ガスコンロの交換リフォームで掃除がラクに!
 人気のゴトクの色は黒

ガスコンロの悩みと言えば、ベタベタの油汚れのこびりつき。こすってもこすっても落ちず、うんざりしている人も多いのでは?ガスコンロの交換リフォームをすると、この食後の手間がぐんとラクになります。

最新のガスコンロは、掃除の手間が格段に進歩しています。まず吹きこぼれ防止機能が進化しているので、吹きこぼれる手前で自動で火力を調整してくれるタイプが登場しています。

また油ハネをしても、表面がつるつるのガラストップなら、さっと拭きとるだけでキレイに。最近ではまたそこから進化して、水で拭くだけでつるりと取れる親水性コートや、バーナーまわりの表面温度の上昇を抑えることで焦げ付きを軽減、更に掃除がラクなタイプもあります。

◆コンロの魚焼きグリルでパンを焼いても魚臭くない理由

魚焼きグリルで美味しく焼けるのがトースト。カレーパンの温めなおしもカリカリに仕上がる。
魚焼きグリルで美味しく焼ける意外なものがトーストです。直火+対流の効果で外側はパリッと、中はしっとり焼きあがります。またカレーパンの温めにもオススメで、余分な油が落ちてカリカリに仕上がります。

グリルでパンを焼くと魚の臭いがうつりそうと心配する人もいますが、実はその心配は不要です。
と言うのも、焼いている間は水分を出すだけで吸わないので、臭いを吸いこむことがほとんど無いのだそう。だからグリルでパンを焼いても、生臭くなく美味しく焼けるというワケです。

~ここまで引用~

ガラストップは汚れに強くてお勧めです!
魚焼きグリルは上手に使うと便利だと聞きますね。私もまずはカレーパンを入れてみます。

今年のインテリアトレンド

2016.12.29

ファイル 162-1.jpgファイル 162-2.jpgファイル 162-3.jpg

~~~リフォーム経済新聞引用~~~

 今、最も人気のインテリアトレンドは「西海岸」。模様替えやリフォーム写真のSNSサイト「Room Clip(ルームクリップ)」を運営するTunnel(東京都渋谷区)は12月1日、2016年のインテリアトレンド「Room Clip Award 2016」を発表した。生活者から投稿された約180万枚の画像データを分析し、キーワードをベスト10にまとめた。

1位:西海岸インテリア
 1位に選ばれたトレンド「西海岸インテリア」は、アメリカ西海岸のライフスタイルを表現したコーディネート。
 例えば、壁はブルー系のアクセントウォール、床はヘリンボーン貼りで、米ポートランドのブランド「ペンドルトン」のラグを敷いたりする組み合わせだ。さらに星がモチーフな小物やソファにラウンドタオルをかけるなどのコーディネートも「西海岸」人気を集めている。
 特に30代前後の層に人気。この世代は、10代後半から20代前半ぐらいにかけて、サーファーブームがあった世代。
 川本太郎執行役員はもう一つの理由をこう話す。「2009年に日本に上陸したカリフォルニア発のセレクトショップ『ロンハーマン』が5年かけて定着したことを受け、去年から今年にかけて『ニトリ』や『しまむら』などの大手ブランドが西海岸インテリアに親和性の高いアイテムを拡充したことが、ブームを下支えしています」

2位:シンデレラフィット
 2位の「シンデレラフィット」は収納術のひとつ。ガラスの靴にシンデレラの足が入ったように「ぴったりとおさまる」という点が特徴だ。「このブランドの棚には、このブランドのボックスがぴったりと収まる」といった交流がサイト内でも行われている。

3位:ねこと暮らす
 3位は「ねこと暮らす」。特に住み手が「ディアウォール」や「ブラケット」などを用いてDIYした「キャットタワー」「キャットウォーク」「キャットステップ」が設けられた部屋が人気だった。
 なお、前年の1位は白やグレー系のインテリアやファブリック、家具で統一する「塩系インテリア」だった。

4位 ... 白のチカラ
5位 ... 装飾系リメイク
6位 ... エフォートレス
7位 ... セルフリノベ系DIY
8位 ... bohoスタイル
9位 ... しただけインテリア
10位 ... アウトドアミックス

~~~ここまで引用~~~

メーカーさんのフローリングや扉など西海岸インテリアが出ています。
時代に乗り遅れないように提案して行こうと思います。

ページ移動