記事一覧

8月は新商品多々

2018.06.30

ファイル 239-1.jpg

―――――リフォーム産業新聞引用―――――――

 TOTO(福岡県北九州市)は、システムキッチン「THE CRASSO(ザ・クラッソ)」のレイアウトバリエーションにスリム対面・収納充実型を追加、8月1日に発売する。

対面部に「収納カウンター」を設けることで、調理中の手元や調理後のシンクまわりを隠せ、調味料や小物を収納できる。リビング側にも収納スペースを設け、収納力アップを図った。設置奥行き850mmのスリムサイズでリモデルにも最適。

 周辺ユニットに、出し入れしやすい目線の高さに設置できるアイレベルウォールキャビネットをラインアップ。サブカウンターと合わせて使い勝手の良い動線を実現する。
 リビング側収納と収納カウンターの色は2トーンカラーにすることが可能。周辺ユニットとカラーコーディネートすることで、LDK空間に個性的な美しさを演出する。

梅雨のカビ対策3つの要注意ポイント

2018.06.23

ファイル 238-1.jpgファイル 238-2.jpg

~All Aboutより引用~

●梅雨のカビ増殖を抑えるために大切なこととは?

春が終われば初夏、そのさなかに差し挟まり恵みの雨もたらす梅雨。そんな梅雨ゆえの雨天、そして湿気。湿気るからこそ生え、増えるカビ! 高温多湿な日本の気候、そして昨今の気密性の高い住まいでカビから完全に逃れる術というのは、ハッキリ言ってありません。カビがまったくない住まいなんて存在し得ないと言っても過言ではないのです。

でも、カビの増殖をできるかぎり抑えることは住まい手の健康という観点からとても大切ですし、そのための方策もあります。今回はそんな梅雨カビ要注意ポイントのうち、もっとも大切な3ポイントに絞ってご説明します。

①生えているカビを蔓延させない。即断、即決、即清拭、がカギ!
【気をつけたいカビ発生場所】
・エアコンの汚れたフィルター
・結露しやすい窓際のカーテンや押入れの壁

②カビのエサを放置しない。掃除の頻度をUPさせて!
【気をつけたいカビ発生場所】
・お風呂場全体、排水口
・洗面器の裏
・トイレの便器周辺

③カビの快適環境を作らない。温湿度計必携、複数セットを!
【気をつけたいカビ発生場所】
・「帰って寝る」だけの部屋(の澱んだ空気)
・洗濯待ちの汚れ物が入った洗濯機(槽)
・干さない布団の入っている押入れ、ベッドの下

~ここまで引用~

ジメジメとした季節になりましたね。
大切なのは「換気」、そしてこまめな掃除ですね。

一方で生き生きしていたカタツムリを見つけました。
ちょっと怖いくらいの数です。

Panasonic スピーカー搭載LEDシーリングライト

2018.06.11

ファイル 237-1.jpg

~~~~~パナソニックホームページより引用~~~~~

近年、世代や性別を問わず、自宅における快適な過ごし方に拘りを持つ人が増えており、デザインを重視した家具や家電の人気が高まっています。このような関心の高まりにより、照明器具も「省エネ」「長寿命」などの基本機能に加え、豊富な演出切替え機能や本体デザインにも注目が広がっています。
そのような中、昨年3月に発売した「Link Style LED」シリーズはスマートフォンで複数の照明を手軽に一括制御できる機能と薄型デザインが受け入れられ好評です。

本製品は、上記に加えて新たにBluetooth®スピーカーを内蔵し、ワイヤレスで音楽を楽しめます。
これまで培ってきたスピーカー設計技術で、低域から高域までバランスのとれた音質を確保するとともに、軽量・薄型化を図りスタイリッシュな本体デザインを損なうことなく一体化させました。音が天井から降り注ぎ、部屋中にお気に入りのサウンドで包まれるような心地よい臨場感が楽しめます。また、付属のワイヤレス送信機を使うとテレビの音声を楽しむことや、昼間の消灯時でもスピーカーでサウンドを楽しむことも可能で、使用シーンの幅が広がります。

当社は本製品により、光と音による新たな空間演出を提案いたします。

~~~~~ここまで引用~~~~~

先日、パナソニックのイベントに行ってきました。
そのときスピーカー搭載LEDシーリングライトを体感させていただき、映画館にいるような臨場感がありました。

お客様にも是非薦めたいと思います。

LIXIL マンション用フローリング

2018.06.10

ファイル 236-1.jpg

LIXIL マンション用フローリング
~リフォーム産業新聞記事引用~

 LIXIL(東京都千代田区)は、天然木のような質感が特徴の床材「ラシッサフロア」シリーズに、防音機能のあるマンション向け「ラシッサSフロア直張り防音床」および「ラシッサDフロア直張り防音床」を新たに追加し、5月1日から発売した。
 階下に伝わる生活音を抑制するため、特殊クッション材を採用し、マンションなどの集合住宅でも安心して使える遮音等級ΔLL(I)-4/LL-45の防音性能を実現。「ラシッサDロア直張り防音床」では、より防音性能の高い遮音等級ΔLL(I) -5/LL-40のラインアップも揃え、6月1日から発売、2種類の等級から選べるようにした。

 「中古マンション市場とリノベ市場の拡大に対応したニーズに応えた商品として開発した」(同社広報)


 同シリーズは、素足で感じることができる天然木の質感を表現した特殊技法「フットフィール仕上げ」を採用、樹種によって異なる3種類の質感をエンボス加工シートで表現している。インテリア建材の建具「ラシッサ」とのコーディネートができるほか、光や風が通りにくいマンションでも開放的な空間を演出する室内用窓「デコマド」と組み合わせることで、多彩なインテリア空間を演出できる。

TOTO、洗面化粧台に新シリーズ登場

2018.06.03

ファイル 235-1.jpgファイル 235-2.jpg

~リフォーム産業新聞より引用~
「オクターブ」5年ぶり一新

 TOTO(福岡県北九州市)は洗面化粧台「Octave(オクターブ)」を5年ぶりにフルモデルチェンジ、8月1日に発売する。さらに新シリーズ「drena(ドレーナ)」も登場する。

TOTO 5年ぶりにフルモデルチェンジした「オクターブ」5年ぶりにフルモデルチェンジした「オクターブ」

 オクターブのコンセプトは「スマート&クリーン」。眼鏡や指輪などを置ける棚に自動水栓と自動手元照明、使用後自動で排水溝に「きれい除菌水」を噴霧する機能を収めた「ラクラクスマート水栓」を搭載している。

 さらに人間工学的アプローチで奥行きや高さ、角度を設計最適化。「洗面台での行為をさりげなくサポートしてくれます」とキッチン・洗面商品開発部の坂田満洋部長。


 ドレーナのコンセプトは「選んでつくる自分仕様のドレッサー」。掃除のしやすさや収納など機能のニーズに加え、周囲のインテリアに合わせたいなどデザインニーズの高まりに着目。カウンターは木目調2色と単色2色から選べ、ベッセル式の陶器製洗面ボウルに水栓は2スタイルから選択可能。鏡は一面鏡~三面鏡、丸形鏡の4タイプがある。キャビネットの扉は8色展開。「市場調査でおしゃれな洗面台を自分で作りたいという新しい流れがあることがわかった。それにお応えできます」と森村望副社長。

 オクターブは22万7400円~、発売3年目の販売目標は年7万台。ドレーナは24万5000円~、販売目標は3年目に年6000台。
 ~ここまで引用~
高級感があっていいですね~
使いやすそうです。

錆止め塗布

2018.05.27

ファイル 234-1.jpg

名古屋は張り切って連日の30℃越え((+_+))
熱中症に注意しながらトタン屋根の錆止め塗っています。
皆様もお気を付け下さい。

TOTOが提供するペーパークラフトが秀逸

2018.05.19

ファイル 233-1.jpg

~BIGLOBEリフォームニュースより引用~

TOTOが無料で提供している、トイレやキッチンといった住宅設備のペーパークラフトが秀逸です。2016年ごろからTwitterなどでしばしば話題になっていましたが、作例を披露したツイートをきっかけに、再び注目を集めています。

 公式サイトにてPDF形式で配信。印刷して工作用紙などに貼り付け、部品を切り出して組み立てれば、リアルな設備が出来上がります。
ラインアップは多機能トイレやシステムキッチン、洗面化粧台など。同社が販売を終了している製品のものも用意されています。

 縮尺は8分の1、15分の1、20分の1と、モデルごとに異なる3種類。ネットには「人形遊びが捗りそう」といった声が挙がっています。
ただし、できが良い分部品も細かく、製作時間の目安は簡単なものでも4時間、難しいもので2日間。組み立てにはかなりの根気がいりそうです。

~ここまで引用~

このキッドを以前にTOTO営業さんから頂きました!
でも、あまりの精巧さに手付かずです。

GAINAの日進産業と業務提携

2018.05.07

ファイル 232-1.jpg

~~~~~リフォーム経済新聞引用~~~~~

 菊水化学工業(愛知県名古屋市)は遮熱塗料を使ったリフォームを開始する。4月25日、同社は日進産業(東京都板橋区)と業務提携した。菊水は日進産業より遮熱塗料GAINAの提供を受け、新たに「キクスイガイナ」という名称の塗料として販売、施工していく。

菊水化学工業 新たに販売施工する「キクスイガイナ」新たに販売施工する「キクスイガイナ」

 GAINAとはセラミックを素材とした塗料で、薄い塗膜で高い断熱性、遮熱性を持っており、宇宙航空研究開発機構(JAXA)でも採用されている。

 菊水の狙いはハウスメーカーから受注する新築、リフォーム工事の受注拡大。同社は塗料と施工を一体で提供する、メーカー責任施工が特徴の企業。年間工事件数は1万7000件にも及び、年商200億円規模。

 「ハウスメーカーの新築OBの方から『GAINAで塗装できないのか』と多数相談があり、ニーズの高さを感じていた。優れた遮熱性を持つ同商品をもっと世に広めたい」(菊水・山口均社長)

 日進産業はこれにより販路が拡大する。また菊水と共同で開発を行い、商品競争力をつけることに狙いがある。実際に5月7日には共同開発商品を発売する。菊水からGAINA専用の下地材4種がリリースされた。

 「菊水との共同開発によって塗装事業者からこれまで多数寄せられていた課題が解決する。GAINAをより多くの人に広めていきたい」(日進産業・石子達次郎社長)

~~~~~ここまで引用~~~~~

ガイナの普及が進みそうですね。

アイカパネル オルティノ

2018.05.01

ファイル 231-1.jpg

アイカパネル オルティノ

~リフォーム産業新聞記事引用~
アイカ工業(愛知県名古屋市)は、粘着剤付化粧フィルム「オルティノ」に新柄59点を追加。さらに、屋外向けの「高耐候オルティノ」14柄を発売した。

アイカ工業 「オルティノ」の新柄リファインドウッド「オルティノ」の新柄リファインドウッド

 今回のラインアップ拡充では、空間の個性を引き立たせるダイナミックな表現の「リファインドウッド」、仕上げと色が充実した「メタリック」などをテーマに新柄を追加した。


 また、屋外でも使用できるフィルムへの要望を受け、耐候性・耐久性に優れ、外壁にも使用可能な「高耐候オルティノ」を新たに追加した。

 これにより「オルティノ」の総柄点数は555点、うちメラミン化粧板と柄連動したフィルムは265点となった。

屋外用のパネルまであるんですね。
実物を一度見て見たいです。

LIXIL、マンションリフォーム向けシステムバス「リノビオV」刷新

2018.04.28

ファイル 230-1.jpg

~リフォーム産業新聞より引用~

リフォームの施工性アップ

 LIXIL(東京都千代田区)は、マンションリフォーム向けシステムバス「リノビオV」で、施工性を大幅にアップするリニューアルを行い、販売を開始した。中古マンション市場が今後堅調に推移していくことをにらみ、リフォーム需要を開拓していく。

LIXIL 「カンタン取り付け」で心地よい浴室空間を実現「カンタン取り付け」で心地よい浴室空間を実現

 今回のリニューアルのポイントは、施主がリフォーム時に考える「周囲への迷惑」を極力抑えている点にある。フレーム分割構造を採用し搬入の手間を軽減、壁穴加工を出荷時に済ませることで、現場での穴あけ作業などを不要にした。


 また、排水トラップの設置の手間を軽減する「トルクリミッター」を採用している。

 ユーザーの快適性にも十分配慮した製品設計で、戸建て住宅用システムバスルーム「アライズ」で好評なアイテムも盛り込んでいる。

~ここまで引用~
リノビオがさらに使いやすくなりましたね。

ページ移動